2016年11月14日月曜日

ボストンキャリアフォーラム2016


このエントリーをはてなブックマークに追加
今年もボストンキャリアフォーラムに出展いたします。

キーメッセージは・・・





です!

上記はセミナー資料を抜粋したものです。

私も現地に赴き、2日間トップセミナーで登壇いたします。

毎年、多くの方々にご参加いただき感謝です。


エントリーはこちらからになります。

皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。


トップセミナーのスケジュール:


・11月18日(金)16:40-17:40 Room111

・11月19日(土)14:00-15:00 Room111








2016年7月30日土曜日

「ママが働きやすい企業2016」に選ばれました!


このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママが働きやすい企業2016」に選ばれました!ママ社員の比率は2016年7月現在で全社員の22%です。

 受賞した企業一覧



社員のクリエイティビティをより高めるようにさらに環境を整えてまいります。

(企業紹介より抜粋)ママに良い福利厚生や取組

◇妊娠時短 ◇通院休暇 ◇育児・看護(介護)休職 ◇看護(介護)休暇 ◇フレックス勤務制度 ◇短時間勤務制度 ◇育児休職前・復職前面談 ◇育児休職者復職前面談 ◇在宅勤務制度 ◇健康保険組合保養所 ◇資格取得報奨金制度 ◇短時間勤務制度 ◇住宅手当(勤続5年以上) ◇スクールイベント休暇制度 ◇子供看護休暇制度 ◇配偶者出産付き添い休暇 


2016年7月16日土曜日

アドテック東京(日・英)に初登壇


このエントリーをはてなブックマークに追加
国内最大規模のデジタルマーケティングカンファレンス「アドテック東京」と、全セッション英語で行われる「ad:tech tokyo international」の両方でスピーカーとして登壇する機会をいただきました。

それぞれの日時・テーマは下記の通りです。

2016年8月23日(火)14:30 - 15:20
[A-3] Effective Marketing Ideas for Startups and New Products

これまで多くのスタートアップ企業や新カテゴリの製品・サービスのマーケティングを支援させていただいた知見をシェアできればと思っております。

9月20日(火)12:30 - 13:20
「もう一度おさえておきたい、デジタルマーケティング5つの基本」








ブランドエンゲージメントを目的としたデジタルマーケティングについてお話できればと思っております。特に、マス広告からデジタル・PRへスイッチする際の課題や戦略、効果についてもディスカッションできればと思います。


アドテック東京も、ad:tech tokyo internationalもこれまで参加者として勉強させていただいておりましたので、今年はスピーカーとして皆さまに貢献できるのが光栄です。

スピーカー招待割引がありますので、もしご参加を検討されている方はFacebookやこちらよりご連絡いただければ割引コードをお渡しいたします。

2016年6月27日月曜日

カンヌライオンズ2016 最終日速報レポート(Integrated, Titanium, Film, Film Craft部門)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Cannes Lions 2016最終日。注目を集めるIntegrated, Titanium, Film, Film Craftの4部門が発表となりました。セレモニーが始まる2時間前からこのような行列です。


Titanium部門の受賞作品5つをご紹介します。


2016年6月26日日曜日

カンヌライオンズ2016 Entertainment部門速報レポート


このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日はEntertainment部門のセレモニー後にキラメキさんの勉強会に参加させていただきました。ありがとうございました。


受賞作品について解説していただいたり、コメントしたりする場でした。当たり前のことですが、立場や職種によって考察する視点が異なります。普段、映像制作に携わっている方は映像のクォリティについて言及されますし、紙の編集に携わっている方はクラフト感について述べたりと、多様な感じ方に触発されました。

初日からずっと、もやもやしたものがあって、それが昨晩の勉強会で少し晴れた気がします。それは、「Creativityとは何か?」ということです。

Creativity(創造性)とOriginality(独創性)は異なるものの、今回のカンヌに参加して得たこと・学んだことに画一的なフォーマットはなくて、誰かに流されるのでもなく、それぞれの立場や職種によって異なるのが然るべき姿でしょう。そうでないと、Creativityにならない。

誰かが、ソーシャルメディア上で「今年のキーワードとかテーマとかどうでもよくて、ただただ感動できるもの私は作りたい」と言っていたことが印象的でした。

さて、昨日のEntertainment部門で気になったものをご紹介します。